おやこで音楽!サロンにこにこメロディー第1回報告

image私のおやこサロンにこにこたっちで、いつもここちよいバックミュージックを演奏してくれている中村淳子先生がおやこサロンを自宅で立ち上げました。「おやこサロンにこにこメロディー」の第一回が、9月16日火曜日に行われ私も参加いたしました。4組のおやこさんが参加、ママと子どもたちの歌声や笑い声が部屋に響いていました。クラシックも童謡も唱歌にアニメの曲…いろいろな音楽に触れてママと子供たちがスキンシップすることはとても大事なことです。ママの声が、子どものこころに安心を与えてくれます。今日の曲は、「シューベルトの子守りうた」「きらきら星」「つき」「ドレミのうた」でした。歌ったり、音楽に合わせて走ったり寝ころんだり…まだおしゃべりはなかなか出来ないけれど、淳子先生の指示はよくわかって楽しく過ごせました。「ドレミのうた」では、太鼓や鈴やタンバリンの楽器も鳴らしました。10月はどんな曲で遊んだりママと歌ったり出来るかな…楽しみですね!      image image image

次回は、10月7日火曜日13:30〜 14:15  中村教室で…

ご予約は0774216730まで。参加費500円。1歳児さんお待ちしています!

 

 

9月・おやこサロンにこにこたっちを終えて

 9月18日、秋晴れの中、8組のママと赤ちゃんが来てくださいました。8月はサロンをお休みしましたので、2ヶ月ぶりの赤ちゃんはからだも出来ることも増えて、成長著しいでした。初めての親子さんは4組で、にぎやかなひと時になりました。人間の五感では「触覚」が一番たいせつで、子育てにはこの触覚を刺激するスキンシップが最も重要です。かしこまらずに、いつでもどこでもベビーマッサージをしてあげてほしいです。いっぱい触れてさわられた子どもは自立が早いといわれています。……など、スキンシップの大切さをお話しながら、ベビーマッサージをしていきまimage imageimageした。優しい淳子先生のメロディーをバックにマッサージをしていると、赤ちゃんも気持ちよさそうにみんなごきげんにしていました。     季節の歌は、「しょじょじのたぬきばやし」「こおろぎ」「おもちゃのチャチャチャ」「おかあさん」を歌いました。ママにお伝えするツボは、「夏の疲れをとる」ツボを押さえてお教えしました。      10月、11月、12月のサロンのご予約はすでにいっぱいになってしまいました。申し訳ございません。

逆子(さかご)の治療

このところ逆子治療に来られる患者さんが続いています。

ずっと正常位にいた赤ちゃんが急に逆子になり、できれば自然分娩をしたい・・・と望まれるママたちの声は切実なものです。

体中に数多くあるツボの中に、逆子にきく「特効穴(とっこうけつ)」といわれるツボがあります。このツボを刺激するとたいへん効果があるのです。

36週で来られた妊婦さんは、4回の治療をいたしました。もう赤ちゃんのお名前も決まっていたので、「○○ちゃーん!ここですよ!」・・・と常に下から声をかけながら鍼灸治療をいたしました。胎動が活発になりママもびっくりしていました。そして、なんと帝王切開かどうかが決まる当日に正常位に戻っていて、無事、自然分娩でのお産になりました。

しかし、いつもこのようにうまくいくわけではありません。たとえば、へその緒が複雑に絡んでいたり、胎盤の位置や骨盤の形などにより逆子になってしまう場合もあります。

その時は、「赤ちゃんにとっては、ここが一番居心地がいいのですよ。あとは天におまかせしましょうね!」と、ママたちには話しています。

また、「妊娠中に鍼灸治療をして大丈夫?」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はいりません。鍼灸治療は、副作用もなく安全性も確認されております。

つわりやむくみ、風邪などの時にも、大いに鍼灸治療は力になってくれるのです!